【億り人】007:かぶ1000さん

この写真「イケてる~」というキミ♂はポチ10連発!そうでない方もポチ2,3発頼む。
にほんブログ村  人気ブログランキング
👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆👆・・・

今回は根っからのバリュー株投資家であるかぶ1000さんです。投資方法が具体的で大変参考になります。私もバリュー株投資を実践したいと思いました。

プロフィール

■年齢・職業:40代の専業投資家
■スタイル :個別株・長期投資(割安株)
■現在の資産:4億円
■資産上昇率:年率25%(31年間で40万円→4億円)
■保有銘柄数:20銘柄程度
■年間配当 :-
※情報は2019年7月

億り人の道のり

 家庭の事情でファミコンのゲームカセットを買ってもらえなかったため、小学生の頃より、中古カセットの転売でサヤ取りを行っていた。株式は中学2年(1988年)から元手40万円で正式デビュー。当時はブラックマンデーから市場が立ち直りを見せていた頃で、わずか1年で資産が300万円になり、投資の魅力に取りつかれる。学校の授業が終わると、そのまま証券会社に通いつめ、株価を見ていた。高校時代には資産は1000万円を超え、ピーク時は1500万円になる。
 しかし、その後のバブル崩壊、イラクのクウェート侵攻による暴落相場で資産が200万円に激減してしまった。株取引には企業分析の知識が必要と考え、高校卒業後、会計の専門学校に入る。そして就職活動時に証券会社から入社の声がかかるも、自分で株を買うために就職せず、専業投資家の道を選ぶ。
 転機は1997年、アジア通貨危機のさなか、運命の1冊となるベンジャミン・グレアムの「賢明なる投資家」に出合う。そしてグレアム流の割安株判断方法に独自のアレンジを加え、市場価格が会社の本質的価値を下回った株のみ投資を行う「かぶ1000流の割安株(バリュー株)投資」を実践した。
 2000年に600万円で再始動し、2011年には累積利益が1億円を突破、さらに2015年には3億円を超え、2019年現在は4億円を突破した。これまで年間でマイナスとなったのはリーマンショックの時のみ。

投資方法

買い条件
・ネットネット株への投資
(A)現金及び預金+受取手形及び売掛金+有価証券+投資有価証券
(B)貸倒引当金+負債合計
(A)-(B)=正味流動資産 「正味流動資産>時価総額」ならば、かぶ1000流ネットネット株と判定し投資する。
・時価総額200億円の指数連動率が低い小型株で勝負
・1銘柄の投資額は資産の20%以下
・資産評価が難しい金融業や移り変わりが激しいIT関連は避ける
・資産増加目標は年率20%(あまり無理をしない)
・割安だと思った時に買い出動できるよう常に10~15%は現金を保持
売り条件
・買う時の理由がなくなってしまった時は損切りもいとわず株を売却
バリュートラップへの対策
・バリュー株は知名度の低さなどから割安状態のまま放置されるバリュートラップにはまりがち。その為、東証への市場変更、株主優待の新設、TOB(株式公開買い付け)などの材料がでそうかどうかも合わせて検討。
候補銘柄の会社を徹底理解
・四季報で会社の概要をつかむ
・その会社のサービスや商品を実際に利用してみる
・過去15年分の有価証券報告書に目を通し、景気のいい時期・悪い時期の業績を精査
・株主総会出席、IR部門への電話による確認
投資難易度
・高難度(財務諸表等による徹底した企業分析が必要)

所感

バブル崩壊で一度資産激減を経験するも、小学生の頃からサヤ取り、中学生で株デビューし証券会社へ通い詰めなど、そのエピソードを聞くと「かぶ1000さんは億り人になるべくしてなられたのだな」と思えました。本当にバリュー投資が性に合っているのだと感じました。私は株価指数長期積立投資、高配当株投資(主にリート)、システムトレードの3種類の投資法を実践中ですが、ここにもう1つ「割安株投資」を加えたいと思っていました。今回のかぶ1000さんの割安株投資はとても参考になりました。
またWEBサイトの各記事を色々調べる中で、以下の言葉がとても印象に残りました。
「1万円入りの財布を6000円で買う」(バリュー株投資の本質をシンプルに言い当た言葉)
「坊は金持ちになりたいか?だったら、チャンスを逃すなよ。人生には大きなチャンスが3回訪れる。その1回でもつかまえれば大金持ちになれるんだ」(証券会社でかぶ1000さんに語ったバブル紳士の言葉)


上記はすべて私の個人的見解です。投資は自己責任でお願いします。🐾🐾

👇参考になった方は最後にポチ一発頼みます👇
人気ブログランキングへ にほんブログ村

コメント