ロボットアドバイザー(ロボアド)が流行りだけど、実際どうなのか調べてみた。

ロボットアドバイザーとは、資産運用のアドバイスや補助をしてくれるサービスの総称ですが、最近20~30代の若い層にロボットアドバイザー(ロボアド)による積立投資が流行っているようです。ロボアドの広告を目にする機会も多くなってきました。
現在、ロボアドの代表格といえばWealth Navi、THEO、FOLIOの3社です。それぞれどの様な特徴があるのか、また資産ポートフォリオの構成はどうなっているのか、利用上での注意点などを調べてみました。

ロボアド3社の比較

WealthNaviTHEOFOLIO
サービス開始2016年7月2016年2月2018年11月
預かり資産1500億円360億円未公表
資産運用方法世界分散積立投資世界分散積立投資世界分散積立投資
テーマ投資
運用手数料1.0%1.0%1.0%
その他費用ETFの信託報酬ETFの信託報酬ETFの信託報酬
最低投資額10万円1万円10万円
自動積立1万円~1万円~なし
リバランス半年ごと月1回3か月に1回

どのロボアドも世界分散積立投資、手数料1.0%、最低投資額10万円以下で横並びです。
預かり資産という点では「Wealth Navi」が大きく先行しています。
一方、後発の「FOLIO」は世界分散積立投資以外に、テーマ投資というサービスで差異化を図っています。これは、バイオ・5G・自動運転など、各テーマに関連した銘柄を10銘柄、投資額は10万円程度となるように、銘柄を自動選定してくれる機能です。興味がそそられます。

ロボアドのポートフォリオ構成

世界分散投資をうたう各社のポートフォリオを調べてみました。
どのロボアドも診断ページに進んで、自分の年齢・年収・現在の金融資産などを入力すると、リスク許容度に応じて、自分に合った推奨ポートフォリオを提案してくれます。
リスク許容度が最も高い場合、どのようなポートフォリオを推奨してくれるのか、実際に調べてみました。

WealthNaviTHEOFOLIO
株式81.5%
米国株35.0%
日本株33.5%
新興国株13.0%
40.0%
先進国株35.0%

新興国株5.0%
75.0%


債券5.0%
米国債券5.0%


50.0%
先進国債券16.0%
投資適格債券24.0%
ハイイールド債券7.0%
新興国債券3.0%
15.0%



金コモディティ8.5%6.0%5.0%
リート不動産5.0%4.0%5.0%
運用シミュレーション初期500万円
積立なし
30年後70%の確率で
1425万円
初期500万円
積立なし
10年後(確率不明)で
907万円
初期500万円
積立なし
30年後70%の確率で
1790万円

「WealthNavi」と「FOLIO」は似たポートフォリオ構成で、株式の比率が75%以上と高くなっています。一方、「THEO」は株式40%・債券50%で、バランスが取れた構成を提案しています。

実際に口座開設してみると、ログインID・パスワード設定、口座開設書類確認、マイナンバーカード提出、銀行口座登録で、簡単に口座開設の申し込みが完了します。10分あれば開設できます。

ロボアドの注意点

どのロボアドもおおよそ以下をPRポイントに顧客を獲得しています。

ロボアドのPRポイント

①あなたに合った運用プランのご提案
②少額で世界に分散投資
③運用アルゴリズムはノーベル賞受賞理論
④シンプルな手数料 年率1%

これを見て、皆さんはどう感じるでしょうか。私はちょっと違和感を覚えました。
簡単に口座開設ができ、Webページのデザインも綺麗で分かりやすく、自分に合ったポートフォリオを提案してくれるのは良いのですが、手数料1%は高いと思います。また、NISA口座が使えないのもデメリットです。

自分に合ったポートフォリオは、だいたい年齢やリスク許容度から自然に決まって来るものです。難しい話ではありません。ロボットなんて必要ありません。
私は「ネット証券口座を開設して、自分に合ったポートフォリオの投資信託(バランスファンド)を選択し、つみたてNISAで積立投資する方がよいのでは」と思ってしまいます。それなら手数料ゼロですし、NISA口座も使えます。

年率1%差のシミュレーション

金融庁のNISA特設ウェブサイトに、「資産運用シミュレーション」のコーナーがあります。
(参考)金融庁 資産運用シミュレーション
ここで手数料1%がある場合とない場合で、どれだけ資産運用に差がでるのかをシミュレーションしました。以下は毎月5万円を想定利回り4%で30年間積立投資した場合の計算結果です。

手数料1%なし手数料1%あり
毎月積立額5万円5万円
想定利回り4%
3%
(4%手数料1%)
積立期間30年30年
投資元本a18,000,000円18,000,000円
最終資産額b34,702,470円29,136,844円
差異-5,565,626円
資産増加率b/a1.92倍1.62倍

比較表をみてお分かりの通り、利回りが1%低下するだけで、-5,565,626円もの差異が生じてしまいます。 手数料なしに比べ、最終資産が16%も目減りしてしまいます。

私がオススメの積立投資方法

以上をまとめますと、私がオススメする長期積立投資は以下の通りです。

オススメ積立投資方法

やっぱりネット証券で「つみたてNISA口座」を開設し、低コスト投資信託かETFで積立投資ですね!

オススメ投資信託1

eMAXISシリーズのバランスファンド
これ1本で世界分散投資が可能です。
株・債権比率が異なる5種類のファンドから、リスク許容度に応じて選択できます。
ロボアド手数料はゼロ
信託報酬は0.54%

オススメ投資信託2

eMAXIS Slimシリーズ S&P500
あれこれ考えずバフェットも推奨の米国S&P500で積立投資するだけ。
ロボアド手数料はゼロ
信託報酬はたったの0.162%

オススメETF

SPDR S&P500 ETF(1557)
S&P500を最安で運用するならこれ。
ロボアド手数料はゼロ
信託報酬はなんと0.0945%

あわせて読みたい記事


上記はすべて私の個人的見解です。投資は自己責任でお願いします。🐾🐾

👇参考になった方は最後にポチ一発頼みます👇
人気ブログランキングへ にほんブログ村

コメント