日経平均の先1カ月の上昇確率は75%以上、年末に24400円到達か?上昇相場に乗り遅れた人へ贈る5つの相場格言とは

日経平均予想

過去20年間のバックテストの結果

日経平均がこの先1カ月で+5%上昇する確率は

ハピオ君
ハピオ君

75% だー!

予想の解説

日経平均株価(ボリンジャーバンド200日)

日経平均株価は連休明けの11/5(火)に大きくギャップアップして始まり、ついに+3σ(赤線)を超えてきました。200日移動平均線(緑線)はもちろん上昇トレンドです。

日経平均株価(5日・25日・75日・200日移動平均線)

移動平均線の位置関係も、上から順に日経平均株価>25日線>75日線>200日線と綺麗な位置関係になっています。相場が強い証拠です。

勝率マップでみると、+3σ以上で上昇トレンドなので、下表の「現在」の位置になります。

この位置に日経平均がきた場合、この先1カ月で+5%上昇する確率はなんと75%以上です。

日経平均が+3σに到達した11/5の終値23251円から+5%は、24413円(=23251円×1.05)となります。

はたして、年末までに24413円に到達するでしょうか。

また、24413円とは、昨年10/2の高値24448円とほぼ同じ株価水準です。

もし米中貿易戦争と英国EU離脱が一段落つくようなことがあれば、この水準も超えて来るのかもしれません。

そうなったら、いよいよ金融緩和の超低金利がもたらすバブル相場へ突入ですね。

この先肝に銘じたい5つの相場格言

くらしとお金の経済メディアLIMOに面白い記事が載っていました。

9月以降のハイペースな株価上昇に乗り遅れた投資家へ贈る5つの相場格言です。

株式相場のハイペースな上昇が続く! 乗り遅れ組に贈る5つの相場格言 | LIMO | くらしとお金の経済メディア
株式相場のハイピッチな上昇が続いています。このままもう一段、二段の上値を付けるのでしょうか?それとも、ここがピークとなって、何度か経験した大幅調整となるのでしょうか? そこで吟味したい相場格言を厳選しました。
乗り遅れ組に贈る5つの相場格言

1.もうはまだなり、まだはもうなり
・もう底(天井)だと思えるようなときは、まだ下値(上値)があるのではないかと一応考えてみなさい。反対に、まだ下がる(上がる)のではないかと思うときは、もうこの辺りが底(天井)かもしれないという意味

2.買いにくい相場は高く、買いやすい相場は安い
・買いづらい相場に限って(その後)高くなり、買いやすい相場に限って(その後)安くなるという意味

3.二度に買うべし 二度に売るべし
・一気に売買して、その後に株価がさらに上昇・下落となって後悔することが多いので、買い急ぐな、売り急ぐなという意味

4.万人が万人ながら強気なら、たわけになりて米を売るべし
・全ての人が何らかの理由をつけて強気になった時、そこが天井を形成することが多いため、人に何を言われようが利食い売りをするべきだという意味

5.相場は明日もある、休むも相場
・上手くいかない時はいったん立ち止まって、相場の大局を見極めることが必要。言い換えれば、ズルズルとやり続けても上手くいかないことが多いという意味

いずれの格言も、あるあるですね!(笑)


上記はすべて私の個人的見解です。投資は自己責任でお願いします。🐾🐾

👇参考になった方は最後にポチ一発頼みます👇
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメント