日経平均16000円、NYダウ18000ドルはボトムラインと考えてよいか!?

先週、日米ともに株価は大幅下落
今週、一転して、株価は大幅上昇

日経平均は16000円あたり
NYダウは18000ドルあたりを
当面のボトムラインと考えてよいか

リーマンショック時の日経平均株価は
危機発生から40%急落後に急反発し
6カ月後に二番底をつけて回復へ向かった

(出典:トウシル記事より)

今回のコロナショックも
同様の推移をたどるとするなら

6カ月後に再度
日経平均は16000円あたり
NYダウは18000ドルあたりまで
下落してその後回復に向かうと
考えることができる

日経平均は16000円
NYダウは18000ドルで
なぜ反発したかその理由だが

高橋ダンさんのYouTubeでの
解説によると、今回は
10年の長期移動平均線まで
下がってから反発したそうだ


この10年移動平均線というのは
プロの投資家はかなり重要視する
指標らしい

そこで自分でも実際に確認してみた
下のグラフを見てほしい

おーなんと
10年移動平均線でみごとに
反発しているではないか


ということは
日経平均は16000円あたり
NYダウは18000ドルあたりが
ボトムラインと考え
この先、半年~1年かけて
時間分散して株を買っていけばよい

と考えられる

ヨシ
この先の長期投資の戦略はこれでいける!
と自信が沸いてくる

でもちょっと待てよ・・・

2008年のリーマンショック時は
同じく10年移動平均線で
リバウンドしたのか気になる

そこで同様にグラフを作ってみた
下のグラフの2009年あたりを見てほしい

うえー
10年移動平均線をあっさりと
突き破ってるよー


10年移動平均線からさらに
40%ほど下落している

ということはこの先
日経平均は16000円
NYダウは18000ドルを
あっさり割り込む可能性もある

ということか

コロナショックや原油暴落を
きっかけにして
もともとバブル化していた
債券・株式市場がはじければ
十分あり得る話かも・・・

で、さらに
もっと怖いグラフ
を見つけてしまった
以下の記事のグラフである

ワイドなレンジとボラティリティがいつまで続くのか?ラリー・ウィリアムズの疑問 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア
 米著名投資家のラリー・ウィリアムズは、現在の株式市場の常軌を逸したボラティリティについて、「最大の疑問は、ワイドなレンジとボラティリティがいつまで続くのか、と言うことです。その回答を求めて過去データをチェックしました。1998 年までさ…

(出典:トウシル上記記事より)

これは今のNYダウ(青線)
1929年の世界恐慌時のNYダウ(赤線)
重ね合わせたグラフである

今回が世界恐慌級の
下落の始まりだとすれば

これから6カ月は株価上昇し
そこから段々に株価は下落し続け
最後は株価が危機発生時から
10分の1になってしまうという
超恐ろしいグラフである


このグラフを見てしまうと再び
日経平均が16000円
NYダウが18000ドル
になってもまだまだ高い
と思えてしまい
怖くて手が出せない

ん~どうしたものか悩ましい~


上記はすべて私の個人的見解です。投資は自己責任でお願いします。🐾🐾

👇参考になった方は最後にポチ一発頼みます👇
人気ブログランキングへ にほんブログ村

コメント