長期投資

長期投資についての記事を掲載します。

長期積立分散

長期積立投資の終わり方とは、年齢に応じて定率と定額の引き出し方を使い分けると良いようだ。

「つみたてNISA」の制度改善 長期積立投資は、資産形成には非常に有効な投資方法です。 そのため、政府も「つみたてNISA」の制度を作って長期積立投資を推奨しています。 ただし、つみたてNISAの制度の有効期限は、現行では最長で2037年末までとなっています。 うれしいことに、政府・与党でこれを改善しようと検討を進めているようです。 改善内容は、原則として、いつから...
長期積立分散

レバレッジ型バランスファンドが続々と登場。長期積立分散投資するならどのファンド? 

レバレッジ型バランスファンドとは 最近、「レバレッジ型バランスファンド」とよばれる投資信託が人気の様です。 日興アセットマネジメントが昨年10月に立ち上げた「グローバル3倍3分法ファンド」という新型の投資信託が好評で、純資産を大きく伸ばしています。 このファンドは、国内外の株式、REIT、債券の3資産に投資するバランスファンドですが、このうち日本株と国内外の債券部分に先物を使い...
長期積立分散

(つづき2)レバレッジ型投資信託の代表格5本を徹底比較!最も優秀な投資信託はどれだ?

前回までの復習 レバレッジ型ETF・投資信託について2回記事を載せましたが、そのポイントをまず復習してみましょう。 初回記事 レバレッジ型投資信託で長期積立投資したらどうなるのか?結果はスゴイぞ! 要旨)レバレッジ型ETF・投資信託は長期一括投資には不向きだが、長期積立投資には大いに活用可能である。推奨の投資信託は、iFreeレバレッジNASDAQ100。 つづき1 日...
長期積立分散

(つづき1)日経レバで積立投資のパフォーマンスを検証してみた!さて日本株でも好成績は得られるか?

今回の検証ポイント 前回記事では、レバレッジ型投資信託(iFreeレバレッジNASDAQ100)を長期積立投資するとスゴイ成績になるという記事を紹介しました。 前回記事と要旨 レバレッジ型投資信託で長期積立投資したらどうなるのか?結果はスゴイぞ! 要旨)レバレッジ型ETF・投資信託は長期一括投資には不向きだが、長期積立投資には大いに活用可能である。推奨の投資信託は、iFreeレ...
長期積立分散

レバレッジ型投資信託で長期積立投資したらどうなるのか?結果はスゴイぞ!

レバレッジ型ETF・投資信託の常識 日経平均レバレッジETF(1570)に代表されるように、昨今はレバレッジ型のETFや投資信託が人気を博しています。日経レバは1日単位の値動きが日経平均株価の約2倍になるように設計されていますが、上げ下げを繰り返し横ばいが続くと、徐々に株価が漸減する特性があるため、「長期投資には不向き、あくまで短期投資で活用する」ことが常識であることは皆さんもご存じの通り...
割安高配当株

【割安高配当株】日経平均9連騰で割安高配当株はどうなった?まだ割安?

日経平均9連騰で、以前紹介した割安・高配当株の資産推移がどうなったかを見てみます。まだ、割安と言えるでしょうか。また、割安・高配当株の見直し買いで日経平均以上に上昇しているのか、そうでもなく相変わらず割安に放置されているのか。どうなっているのでしょうか。 各ポートフォリオの資産推移の評価方法は以下の通りです。・7月11日の寄付きで1銘柄に100万円前後を投資(単元株数を考慮)・買い付け後、...
割安高配当株

【高配当株投資】減配リスクが低い高配当利回り株の資産推移

サラリーマン投資家の多くが、配当金を目当てに株式投資をしている。しかし、最近のように米中貿易戦争に代表される景気減速懸念がある中では、減配リスクが怖い。以下の記事では、減配リスクが低いと思われる高配当利回り株(14銘柄)を推奨している。 減配リスクの少ない高配当利回り株のスクリーニング条件は以下の通りだ。①今期予想配当利回り(会社予想または市場予想ベース)3.8%以上②今期連結...
割安高配当株

【割安株投資】今が割安な金融・資源・輸出株の資産推移

以下の記事によると、今は金融株・資源関連株・輸出株が3大割安株だそうだ。その理由は、それぞれ以下の不安があるからとのこと。①金融株:低金利長期化で収益が悪化する不安、フィンテック(金融新技術)普及で従来型の金融機関のビジネスが減る不安がある。②資源関連株:供給過剰になって資源価格が下がる不安がある。世界的な環境規制強化は、石炭ビジネスに逆風。③輸出株:貿易戦争激化の不安、世界景気悪化の不安、アジ...